薬剤師の転職先の1つ病院

病院は好条件なイメージですが、平均年収でいえば調剤薬局よりも下

とはいえ、調剤薬局も営業時間外の労働や残業が発生するので、どちらも年収なりに大変だと思われます。
病院は一見すると好条件なイメージですが、平均年収でいえば調剤薬局よりも下ですし、決して楽な仕事ではないです。
しかし、患者さんに近い場所で働けますから、いわゆる臨床医療に携わることができて、経験を積める点に魅力があります。
服薬指導を行うには相応の知識と説明力が必要なので、自己成長の場として病院を選ぶ意味は大きいと考えられます。
将来的に他の勤務先を選ぶことを前提に、若い内に経験が積めるのはメリットと捉えることができるでしょう。
雇用が安定しているのも医療機関の良いところですし、収入よりも安定性を求めて働き続けるのもありです。
現場で十分に経験を積み重ねれば、薬剤師としての価値が上がりますから、今後調剤薬局もドラッグストアも選り取り見取りとなります。
製薬会社への転職の道もひらけますから、その足掛かりとして病院を選んだり、しばらく仕事に注力して経験を積むことの意味は軽視できないです。
製薬会社に勤める薬剤師の平均年収は、500万円どころか600万円以上、上は1千万円超えが当たり前ですから、他の勤務先に務めている人達にとって夢があります。
当然ながら狭き門ですし、競争が激しい上に成果が求められますから、知識や経験をフルに活用して転職を目指すことになるでしょう。
研究職は新しい薬の開発に携わるので、新薬の有用性や安全性を確認する開発職と同じく、とてもやりがいが感じられるはずです。
病院やその他とは違い、決められた仕事に従事するよりも能動的な姿勢が必要ですから、生活の大部分を仕事に費やす覚悟が問われます。
治験コーディネーターもまた新薬開発に関係する仕事で、主に臨床試験の分野で活躍できます。

勤務先によって大きく年収に差がつくことは珍しくない / 病院は好条件なイメージですが、平均年収でいえば調剤薬局よりも下 / まさに選択肢が豊富で、努力が形になる職業だといえる

薬剤師転職のファルマスタッフ | ファルマスタッフの評判は?口コミでわかった特徴とオススメの人