薬剤師の転職先の1つ病院

まさに選択肢が豊富で、努力が形になる職業だといえる

他にも、営業職のMRや情報収集と管理の学術DI、新薬申請を担う薬事といった仕事があります。
一般企業に務めて仕事をする薬剤師もいますから、まさに選択肢が豊富で、努力が形になる職業だといえるでしょう。
病院は確かに年収が低めなので、数十年単位で長く働き続けるのは不向きですが、入口が広いので入りやすいのも事実です。
一旦調剤薬局やドラッグストアで働き、こちらに転職して臨床医療の経験を積んでから、将来的に製薬会社を目指す道が選べます。
医師と比べると年収が低く見えるのが薬剤師ですが、一般的な平均年収との比較では必ずしも低くないです。
専門的な仕事に従事できますし、安定性や将来性がある勤務先ですから、十分に選択肢に加えられるでしょう。
大切なのは将来の道筋を描き、計画を立ててキャリアアップに臨むことです。
その足掛かりに悪くありませんし、ワークライフバランスは良好ですから、無理なく自分のペースで働くことができます。
要は考え方次第ですから、ネガティブに捉えれば魅力を感じませんし、逆にポジティブに見えれば可能性が感じ取れます。
選択肢は沢山あって逃げも隠れもしませんから、それぞれの良し悪しを比較して、自分にあった人生の選択を行うことが肝心です。

勤務先によって大きく年収に差がつくことは珍しくない / 病院は好条件なイメージですが、平均年収でいえば調剤薬局よりも下 / まさに選択肢が豊富で、努力が形になる職業だといえる