CHECK

太陽光発電システム導入を検討中の方へ!設置前に押さえておきたいお役立ち情報をご紹介!

注文住宅で家づくりを始める人の多くが、自宅で発電を行うためのソーラーパネルの設置を考えるといわれているのですが、これは既存住宅に住んでいる人も例外ではありません。
ここでは、現在の住まいや注文住宅で家を建てる人など太陽光発電システムの導入を検討されている人など、導入する前に押さえておくべきお役立ち情報を分かりやすく解説しています。
設置前に何を押さえるべきか、これを読むことで分かるので参考にされることをおすすめします。

太陽光発電システム導入を検討中の方へ!設置前に押さえておきたいお役立ち情報をご紹介!

太陽光発電システムを導入するとなると、屋根の面積や重量あるソーラーパネルを設置したときの屋根に対する耐久性など設置前に検討しておくべきポイントがあります。
注文住宅を建てるとなった場合は、太陽光発電システムに最適化した家の設計を検討することができますが、既存住宅での検討中の場合は設置可能な面積がどのくらいあるのか、その面積だけで発電量を十分期待することができるのか、そして重量がある設備を屋根に取り付けるため重さに耐えることができるのか否かなども確認しておきましょう。

そもそも太陽光発電システムとは?太陽光で電気が発生する仕組み

太陽光発電システムは、太陽光といった再生可能エネルギーを活用している発電システムです。
太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換することで家庭内で利用する電化製品や照明器具、蓄電池を導入している場合は夜間や災害時の電気をためることも可能にします。
太陽光発電システムは、住宅の屋根の上に複数のソーラーパネルを設置する形になりますが、ソーラーパネルはシリコン半導体で構成されているものでここに光が当たると電気が発生する現象利用しているもので太陽の光エネルギーを直接電気エネルギーに変換して使う形です。
なお、ソーラーパネル内にはN型半導体とP型半導体の2つが内蔵されているのですが、ここに太陽の光が当たると電子運動が行われて高速で衝突を繰り返すことで起電力を作り出す仕組みを持ちます。
ただ、太陽の光といっても曇りや雨のときなど太陽光が少ないときでも電子運動が行われるので基本的には日の出から日没頃まで発電することが可能です。

太陽光発電システムを導入するメリットとは?

近年では太陽光発電システムを導入する住宅が増えています。
太陽光発電を導入するメリットは様々なものがあり、特に大きいのが電気代を節約できるという点です。
電力会社から購入していた電気を自宅で発電した電気で賄うことができ、蓄電池を組み合わせれば昼間も作った電気を夜に使うことができ、結果的に節約につながります。
電気料金は年々上昇しています。
そのため太陽光で発電できれば電気代高騰の影響を少なくすることが可能です。
作った電気を売ることもでき、収入が得られるというのもメリットと言えます。
災害になったとしても、太陽光発電に必要な機器が壊れていなければ電気が使えるというのも嬉しいポイントです。
蓄電池や電気自動車と組み合わせることで、光熱費の削減や車に使う燃料費を安くできます。
夏場はエアコンなどで電力需給が増えます。
その電力緩和にもつなげることができ、環境にもやさしい発電方法となっています。
地域によっては自治体で補助金制度が用意されているため、導入したい場合には補助金が出るかなどをチェックした上で設置を検討することがおすすめです。

太陽光発電システムのデメリットとは?

太陽光発電システムの導入には、電気代の節約や災害時の備えなど様々なメリットがありますが、一方で設置費用がかかるというデメリットがあります。
設置費用は年々下がってきてはいるものの、多くのケースで100万円以上の設置費用がかかります。
ただし、太陽光発電システムの導入に補助金を出している自治体もあるので、導入を検討する際は補助金が受けられるのかを確認しておくことが大切です。
また、定期的なメンテナンスが必要になるのもデメリットのひとつです。
太陽光発電システムは比較的寿命が長いものの、ソーラーパネルなど屋外に設置される装置もあるので定期的なメンテナンスが欠かせません。
経済産業省では、発電量の低下や装置類の故障をチェックするための定期点検を4年に1℃実施することを推奨しています。
その他にも、発電量が天候に左右される、屋根が北向き一面であったり小さすぎたりする家庭は設置しても十分な発電量が期待できない、ソーラーパネルの反射光による近隣トラブルのリスクがあるといった側面もあるので注意が必要です。

売電価格が下がっている今からでも太陽光発電システムは導入すべき?

太陽光発電システムを導入すると、固定価格買取制度(FIT制度)により10年間にわたって発電した電気を一定価格で電力会社に売却できますが、その売却価格は年々低下しています。
FIT制度が始まった当初の2012年は1kWhあたり42円(設置容量が10kW未満)で売却できましたが、2022年度の売電価格は17円となっており、2023年度は16円になることが予定されています。
このようにFIT制度で買い取ってもらえる電気の価格は年々下がっているため、今から新たに導入するのは遅いのではないかと不安に感じる方も少なくないでしょう。
しかし、FIT制度の買取価格は、そのときの太陽光発電システムの価格相場によって決まります。
太陽光発電システムの設置費用は年々下がっているため、売電価格が低下しても10年間にわたって売電し続ければ初期費用が回収できる仕組みとなっています。
そのため、FIT制度の買取価格が下がり続けている現在でも導入が遅いということはありません。
太陽光発電システムの導入は災害時の備えにもなるので、今からでも導入する価値は十分にあります。

太陽光発電に関する情報サイト
太陽光発電のお役立ち情報

注文住宅で家づくりを始める人の多くが、自宅で発電を行うためのソーラーパネルの設置を考えるといわれているのですが、これは既存住宅に住んでいる人も例外ではありません。
ここでは、現在の住まいや注文住宅で家を建てる人など太陽光発電システムの導入を検討されている人など、導入する前に押さえておくべきお役立ち情報を分かりやすく解説しています。
設置前に何を押さえるべきか、これを読むことで分かるので参考にされることをおすすめします。

Search