薬剤師の転職先の1つ病院

勤務先によって大きく年収に差がつくことは珍しくない

薬剤師は調剤薬局を始めとして、ドラッグストアや病院、そして製薬会社において需要が高い職業です。
医薬品の管理や調合、供給を取り扱う職業なので、専門性が高く国家資格が用意されていて、合格にはそれなりのハードルがあります。
国家資格なので、就職先に困ることはまずありませんが、勤務先によって大きく年収に差がつくことは珍しくないです。
その為、最初の勤務先選びが肝心ですが、誰もが長期的に満足して働ける仕事に出合えるわけではないといえます。
簡単に辞めるわけにはいかないので、不満を抱えていてもしばらくは働くことになりますが、転職もチャンスは限られていますから、無駄にしないように活かしたいものです。
転職のポイントはいくつかありますが、1つは十分な経験を積んでそれが武器になるチャンスを逃さないタイミング選びです。
他の業種と同じく、年齢によって求人は減少傾向になりますから、早めに計画して行動に移すことが大事です。
まずは勤務先毎にどのような違いがあるか、それを理解して比較、検討を進めることになります。
調剤薬局は500万円以上の年収を狙うことが可能で、初任給も上を見れば高いのが特徴です。
ただ、薬剤師に人気故に求人に人が集まりやすく、自然とライバルが増えてしまうことが難点です。
年収の幅が広いのも特徴ですから、平均年収や好条件を頭に入れて、より良い勤務先を転職対象に選ぶのが賢明です。
一方、ドラッグストアは50万円〜100万円ほど年収が高く、活躍できたり役立てるチャンスが手に入ります。
勿論それなりに仕事は大変ですし、人手不足の店舗だと、残業や長時間労働が求められることもあるでしょう。
24時間営業のお店であれば、夜間の仕事もあり得ますから、収入よりプライベートタイムを重視する人にはやや不向きです。

今日は【#薬剤師のお仕事ガイド 】シリーズから「薬剤官」について!「薬剤官」…ご存知ですか?自衛隊で働く薬剤師のことで、自衛隊の一員として独自の分野で活躍しています。
「国の安全と平和を守る」という自衛隊の大きな役目…#スキルアップ #薬剤師 #服薬指導 #薬学生

— 薬剤師転職のファルマスタッフ(公式) (@38_8931) 2020年1月16日

勤務先によって大きく年収に差がつくことは珍しくない / 病院は好条件なイメージですが、平均年収でいえば調剤薬局よりも下 / まさに選択肢が豊富で、努力が形になる職業だといえる