CHECK

太陽光発電システム導入を検討中の方へ!設置前に押さえておきたいお役立ち情報をご紹介!

注文住宅で家づくりを始める人の多くが、自宅で発電を行うためのソーラーパネルの設置を考えるといわれているのですが、これは既存住宅に住んでいる人も例外ではありません。
ここでは、現在の住まいや注文住宅で家を建てる人など太陽光発電システムの導入を検討されている人など、導入する前に押さえておくべきお役立ち情報を分かりやすく解説しています。
設置前に何を押さえるべきか、これを読むことで分かるので参考にされることをおすすめします。

太陽光発電システム導入を検討中の方へ!設置前に押さえておきたいお役立ち情報をご紹介!

太陽光発電システムを導入するとなると、屋根の面積や重量あるソーラーパネルを設置したときの屋根に対する耐久性など設置前に検討しておくべきポイントがあります。
注文住宅を建てるとなった場合は、太陽光発電システムに最適化した家の設計を検討することができますが、既存住宅での検討中の場合は設置可能な面積がどのくらいあるのか、その面積だけで発電量を十分期待することができるのか、そして重量がある設備を屋根に取り付けるため重さに耐えることができるのか否かなども確認しておきましょう。

そもそも太陽光発電システムとは?太陽光で電気が発生する仕組み

太陽光発電システムは、太陽光といった再生可能エネルギーを活用している発電システムです。
太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換することで家庭内で利用する電化製品や照明器具、蓄電池を導入している場合は夜間や災害時の電気をためることも可能にします。
太陽光発電システムは、住宅の屋根の上に複数のソーラーパネルを設置する形になりますが、ソーラーパネルはシリコン半導体で構成されているものでここに光が当たると電気が発生する現象利用しているもので太陽の光エネルギーを直接電気エネルギーに変換して使う形です。
なお、ソーラーパネル内にはN型半導体とP型半導体の2つが内蔵されているのですが、ここに太陽の光が当たると電子運動が行われて高速で衝突を繰り返すことで起電力を作り出す仕組みを持ちます。
ただ、太陽の光といっても曇りや雨のときなど太陽光が少ないときでも電子運動が行われるので基本的には日の出から日没頃まで発電することが可能です。

太陽光発電システムを導入するメリットとは?

近年では太陽光発電システムを導入する住宅が増えています。
太陽光発電を導入するメリットは様々なものがあり、特に大きいのが電気代を節約できるという点です。
電力会社から購入していた電気を自宅で発電した電気で賄うことができ、蓄電池を組み合わせれば昼間も作った電気を夜に使うことができ、結果的に節約につながります。
電気料金は年々上昇しています。
そのため太陽光で発電できれば電気代高騰の影響を少なくすることが可能です。
作った電気を売ることもでき、収入が得られるというのもメリットと言えます。
災害になったとしても、太陽光発電に必要な機器が壊れていなければ電気が使えるというのも嬉しいポイントです。
蓄電池や電気自動車と組み合わせることで、光熱費の削減や車に使う燃料費を安くできます。
夏場はエアコンなどで電力需給が増えます。
その電力緩和にもつなげることができ、環境にもやさしい発電方法となっています。
地域によっては自治体で補助金制度が用意されているため、導入したい場合には補助金が出るかなどをチェックした上で設置を検討することがおすすめです。

太陽光発電システムのデメリットとは?

太陽光発電システムの導入には、電気代の節約や災害時の備えなど様々なメリットがありますが、一方で設置費用がかかるというデメリットがあります。
設置費用は年々下がってきてはいるものの、多くのケースで100万円以上の設置費用がかかります。
ただし、太陽光発電システムの導入に補助金を出している自治体もあるので、導入を検討する際は補助金が受けられるのかを確認しておくことが大切です。
また、定期的なメンテナンスが必要になるのもデメリットのひとつです。
太陽光発電システムは比較的寿命が長いものの、ソーラーパネルなど屋外に設置される装置もあるので定期的なメンテナンスが欠かせません。
経済産業省では、発電量の低下や装置類の故障をチェックするための定期点検を4年に1℃実施することを推奨しています。
その他にも、発電量が天候に左右される、屋根が北向き一面であったり小さすぎたりする家庭は設置しても十分な発電量が期待できない、ソーラーパネルの反射光による近隣トラブルのリスクがあるといった側面もあるので注意が必要です。

売電価格が下がっている今からでも太陽光発電システムは導入すべき?

太陽光発電システムを導入すると、固定価格買取制度(FIT制度)により10年間にわたって発電した電気を一定価格で電力会社に売却できますが、その売却価格は年々低下しています。
FIT制度が始まった当初の2012年は1kWhあたり42円(設置容量が10kW未満)で売却できましたが、2022年度の売電価格は17円となっており、2023年度は16円になることが予定されています。
このようにFIT制度で買い取ってもらえる電気の価格は年々下がっているため、今から新たに導入するのは遅いのではないかと不安に感じる方も少なくないでしょう。
しかし、FIT制度の買取価格は、そのときの太陽光発電システムの価格相場によって決まります。
太陽光発電システムの設置費用は年々下がっているため、売電価格が低下しても10年間にわたって売電し続ければ初期費用が回収できる仕組みとなっています。
そのため、FIT制度の買取価格が下がり続けている現在でも導入が遅いということはありません。
太陽光発電システムの導入は災害時の備えにもなるので、今からでも導入する価値は十分にあります。

太陽光発電システムの発電効率とは?

太陽光発電システムの発電効率とは、ソーラーパネルにより太陽光エネルギーが電気エネルギーに変換される割合を指します。
変換効率と呼ばれることもありますが、この数値は「ソーラーパネルに照射している太陽光エネルギー(W)÷出力される電気エネルギー(W)×100」で求めることが可能です。
発電効率が高いほど、無駄なく太陽光から電気を生み出せることを意味していますが、現在普及しているソーラーパネルの効率は10~20%ほどです。
また、太陽光発電システムの変換効率は、様々な要因によって変動します。
ソーラーパネルは高温になると変換効率が低下するという性質があり、気温が25℃以上になると出力が0.5%ほど低下します。
加えて、パネル表面に汚れが付着していると、太陽光が遮られてしまって出力低下につながるので定期的なメンテナンスでパネル表面の汚れを取り除いておくことが大切です。
さらに、ソーラーパネルの変換効率は年間で約0.27%ずつ低下していくとされているので、どうしても時間が経過するとともに発電量は低下していきます。

太陽光発電のシステム容量とは?発電量との違いを押さえておこう!

太陽光発電システムにおけるシステム容量(発電容量)とは、システム全体の発電能力を表した数値を指します。
単位はkW(キロワット)で表されますが、太陽光パネルの出力値とパワーコンディショナーの出力値の低い方がシステム容量となります。
例えば、太陽光パネルの出力値が10kW、パワーコンディショナーの出力値が9.8kWだった場合、太陽光発電システム全体の容量は9.8kWということです。
また、この数値と混同されがちな数値に発電量がありますが、こちらは実際に生み出された電気量のことで、単位はkWhです。
例えば、容量が10kWの太陽光発電システムを1時間運用した場合の発電量は10kWhとなります。
太陽光発電システムで生み出される電気量は日射量や気候、太陽光パネルの変換効率などに左右されますが、最も影響を与えるのが発電容量です。
これら2つの数値は別物ではあるものの、これらは比例関係にあるので非常に密接な関係にあります。

太陽光発電システムの導入前に押さえておきたい日照時間の調べ方

太陽光発電システムの導入を検討する際は、どの程度の発電量が期待できるのかを把握しておくことが大切ですが、太陽光発電システムで生み出される電気量は天気に大きく左右されます。
当然ながら天気が良い日は発電量が増えますし、天気が悪い日は減少しますが、一般的に晴れの日と比べると曇りの日は40~60%、雨の日は5~20%程度まで発電量が下がってしまうと言われています。
太陽光発電システムの発電量を正確にシミュレーションするには、自身が居住するエリアの日照時間を反映する必要がありますが、このデータは気象庁のWebサイトで確認することが可能です。
気象庁のWebページでは、全国各地での一定期間の日照時間が公開されています。
自身が居住している地域のデータが測定されていない場合もありますが、各都道府県の主要地域における前5日間・前10日間・前20日間・前30日間・前60日間・前90日間の合計時間のデータが確認できます。
また、過去の気象データ検索を利用すれば、年ごとの数値や年・月ごとの平均値などが閲覧できるので、発電量のシミュレーションに活用することが可能です。

太陽光発電システムの国内メーカーと海外メーカーの違いとは?

現在、太陽光発電システムは国内外問わず様々なメーカーが販売していますが、国内と海外のメーカーで発電量や発電効率に著しい差はありません。
しかし、国内と海外のメーカーでは信頼性と価格に大きな違いがあります。
そもそも太陽光発電システムの歴史は浅く、現在でも耐久性や強度などのデータが十分に揃っていないのが現状です。
それでも、国内メーカーの方が日本での設置数が多く、比較的多くのデータを持っているため、シミュレーションなどの信頼性が高くなっています。
また、信頼性だけでなく保証内容も手厚い傾向があるので、万が一のトラブルが起こった時も安心です。
一方で、価格に関しては海外メーカーの方が安い傾向があります。
これは大量生産によるコストカットが実現されていることに加えて、海外では日本よりも早くFIT制度が導入されたことにより企業間の価格競争が活発になったことが主な理由です。
そのため、価格を重視するなら海外の太陽光発電システムがおすすめですが、信頼性や保証内容を重視するなら国内の太陽光発電システムを選択すると良いでしょう。

太陽光発電システム導入時に補助金は受けられる?

経済産業所の調査データの中では、太陽光発電の設置費用は2021年度では1kW当たり平均28.0万円(新築住宅の場合)といわれています。
また、最新相場は3kWでは84万円ともいわれており、5kWでは140万円などいずれも結構高額な設備投資になるなどのイメージを持つ人は多いといえましょう。
ちなみに、太陽光発電の要ともいえるソーラーパネルは一般的に容量が3kWから5kWが多いので、1kW28万円の目安で計算すると84~140万円が相場になって来るわけです。
これは一つの目安で、購入するメーカーや住宅環境および条件などで費用が変化しますので専門の設置業者に確認が必要です。
設置業者の中には補助金のサポートができる会社もありますので、利用の可否を事前に確認しておけば費用負担を軽減させることが可能です。
補助金は自治体ごとに決められているもの、募集期間が決まっていて設置前に申し込みが必要になること対応可能な設置業者が決まっているなどの特徴があります。

太陽光発電に関する情報サイト
太陽光発電のお役立ち情報

注文住宅で家づくりを始める人の多くが、自宅で発電を行うためのソーラーパネルの設置を考えるといわれているのですが、これは既存住宅に住んでいる人も例外ではありません。
ここでは、現在の住まいや注文住宅で家を建てる人など太陽光発電システムの導入を検討されている人など、導入する前に押さえておくべきお役立ち情報を分かりやすく解説しています。
設置前に何を押さえるべきか、これを読むことで分かるので参考にされることをおすすめします。

Search